五行歌人・風祭智秋の五行歌エッセイ


by kazamatsurichiaki

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

薄氷(うすらい)

皆さん、こんばんは。
ようやく春めいてきました。もう弥生ですね。
いつの間にやら、お雛さまも静かに下げられてしまいました。

そうこうしているうちに、3月7日には、彩3月号が発送になります。
見本誌ご希望の方には、無料でお分けしていますので、お気軽にご連絡くださいませ。

三月といえども、まだまだ氷が張っている小川です。
薄氷(うすらい)と呼ぶには、ちょっとまだ厚さがある感じですが、ちょこちょこと小さな妖精の足か、春の音符かと見まごう、愛らしい氷の端をご覧くださいね。

飛沫が飛んではくっついてゆく「飛沫氷(しぶきごおり)」という言葉もあるようですが、この場合はしずくが垂れて、凍っていったのかな?

a0238738_23275922.jpg


ひとしずく 
ひとしずくが
薄氷の脚を伸ばし
春へ向かって
歩いてゆくよ


観たまんまな歌で、まったく芸が無いなぁ。(笑)
でも、自然の愛らしい造形には、どんなお歌も敵わないかもしれませんね。

ところで、水って不思議ですよね。
気体になったり、液体になったり、固体になったり。


水は生きている
消えたり
波打ったり
時には
仁王立ちしたり


氷瀑なども力強くて、風景として好きなんですが、今年は観ることがなかったですね。
そう思っているうちに、もう春がやってきます。

あなたの今日は、やわらかな温かさに包まれますようにとお祈りしています。
by kazamatsurichiaki | 2012-03-05 23:48

カテゴリ

全体
四季の風物
書籍
未分類

以前の記事

2018年 10月
2017年 06月
2017年 04月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ペン字 五行歌
at 2018-10-11 11:40
あいそめの湯 フォト五行歌展示
at 2018-10-07 22:09
彩10月号 できました!
at 2018-10-05 21:33
五行歌の世界へようこそ
at 2018-10-03 23:14
ジオシティーズ閉鎖に伴うホー..
at 2018-10-02 10:52

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

創作小説・詩
哲学・思想

画像一覧